« 帰国しました | トップページ | 桃林鐵路 »

2009年1月 7日 (水)

キャセイパシフィック航空

00000431
▲普段、乗り物の快適性について語ることは稀なのですが、帰りの便のシートがあまりにも素晴らしかったので。

 今回の旅行では初めてキャセイパシフィック航空の台北経由便(成田発香港行き)を利用しました。

 往路の機体は古いタイプ。前の座席との間隔がジャンボ機にしては狭く感じる上、テーブルの設置位置が妙に低く、下ろすと膝に当たるのには少しばかり閉口しました。

 一方、帰りのフライトに充当された機材は、巷で評判の新シェルシートに換装されていました。リクライニングしても後ろの席に影響を与えない構造(シェルの中で座面が動くのみ)で、さらに背ずりを薄型化した所為か、シートピッチも余裕綽々。これなら太平洋横断路線でも快適に過ごせそうです。

▼最近は国際線にパーソナルモニターは付いていて当たり前…みたいな雰囲気になりましたね。
00000441

00000451
▲機内食はいたって普通でした。個人的には經濟艙の"メシ"は中華航空が一番美味いような気がします。

|

« 帰国しました | トップページ | 桃林鐵路 »