« ブログ開設 | トップページ | ビニールシート再び »

2008年11月 5日 (水)

幻の簡餐車...

(注)この記事は、旧サイトで 2004/04/30 に書いたものです。

00000011
▲営業開始を間近に控えた簡餐車(PPD2500型)の車内。

 プッシュプル自強號の簡餐車(ビュッフェ)は、関係者の期待を一身に集めて、2003年正月の西部幹線に颯爽とデビューしました。しかしながら、いざオープンしてみるとこれが全くの鳴かず飛ばずで、運営を担っていた新東陽が早々と撤退。時刻表上から簡餐車を示す記号が消え、わずかな期間だけ発行された食堂車マーク入りの「旅客列車時刻手冊」も貴重なものになってしまいました。

▼短期間で時刻表上から消えてしまった自強號の食堂車マーク。
00000021

00000031
▲高雄站に停車中の簡餐車。出入口に燦然と輝く食堂車マークが誇らしげです。

00000041
▲反対側の側面。窓のない部分がビュッフェ、あとの半分は座席車となっています。

 自強號のビュッフェが営業的に成功しなかった理由は様々ですが、やはり一番の要因は価格設定のミスにあったのではないかと思います。ちなみに、オープン当初(2003年1月1日現在)の簡餐車のメニューですが、

[女及]香[火局]飯(クリーミードリア)  100元
鮭魚炒飯(鮭チャーハン)  80元
[火局]白酒蛤蜊義大利麺(スパゲッティボンゴレ)  125元
茄汁義大利麺(スパゲッティナポリタン)  100元
燻鶏三明治(チキンサンド)  80元
綜合燒賣(シュウマイ)  60元(6個入り)
煙燻二翅(手羽のスモーク)  50元(4個入り)
[火考]厚片吐司(トースト)  30元
手工餅類(自家製クッキー)  50元
爆米花(ポップコーン)  35元
[上/下]布奇諾[口加][口非](カプチーノコーヒー)  60元
義大利濃縮[口加][口非](エスプレッソコーヒー)  60元
美式[口加][口非](アメリカンコーヒー)  45元
冰[口加][口非](アイスコーヒー)  60元
特調[女及]茶(ミルクティー)  35元
花茶類(フラワーティー)  60元
現[木窄]水果汁(フレッシュジュース)  60元
水果切盤(カットフルーツ)  50元

※翻訳協力 citycatさん、花東線迷さん

 台湾鐵路局の駅構内にセブンイレブンが進出するなど、場外で激しい"便當"戦争が勃発している中、電子レンジで加熱しただけのチャーハンやパスタが100元、コーヒーが60元では、いくら何でも高すぎですよね。

 台湾のインターネットの掲示板で、ある鐵路迷が書いていた一節が印象に残っています。「割高なビュッフェで食事をとるために、混雑する車内をかき分けて、わざわざ遠く離れた簡餐車までやって来る乗客がいったいどこにいるのだろう?」

 現在、プッシュプル自強號の簡餐車は、荷物車同然の扱いで編成の端っこに寂しくぶら下がっています。しかし、大金を投じてせっかく作った簡餐車。営業を希望する事業者を再度募るなど、ビュッフェ本来の機能を生かした何か良い活用方法はないものでしょうか。一人の鐵路迷の願いです。

▼台湾の物価水準を考えると、やはりパスタ100元、コーヒー60元というのは、少しばかりふっかけすぎのような気がします。
00000051

|

« ブログ開設 | トップページ | ビニールシート再び »